エルス中之島サマーセール2017(7/5 - 7/15)

  エルス、2017年のサマーセール、開催中です。今年の7月は、空梅雨が開けないまま暑くなり、毎日着るものに悩む日が多いですよね。それでも夏のご旅行やイベントに備えて、季節を感じるアイテムをお探しの方がお立ち寄りくださっています。

 

 

 

  ショップのセール表示はシックなブラック&ホワイト。普段は時間がなくて前を通り過ぎるだけ、という方もこの時期は是非お見逃しなく。百貨店や、大きなブティックのセールと違い、ゆっくりと商品を選んでいただけます。またとても蒸し暑いので、ご試着しやすい温度に保つ為、空調を効かせ戸を閉めておりますが、お気兼ねなくご入店くださいね。

 

 

 

 

  今年のファッションアイテムのテーマは「バカンスに着たいシャツ」。白、ネイビー、ブラック、キャメルと、着まわしのきくシャツがいろいろあります。ブランドは、立体的なデザインで着まわしのきくSquady、スカディー、こちら定番。イタリアのマダムのバカンススタイル、上質でシックなTransit、トランジット、そして、マニッシュなデザイン、個性際立つTAGE、タージュなど、どのブランドでも、コーディネートがフルに楽しめる合わせやすいデザインをセレクトしています。これらのブランドはすべて20-30%OFFです。

 

 

 

  もちろん、ショップのコンセプトカラー、ブルーも!フランスのパステル染め、Bleu de Cocagne、ブルー・ドゥ・コカーニュは今季で取り扱いが終了します。在庫も残り少なく、30-40%OFF!  ジャンバースカートとTシャツの重ね着スタイルで、南仏をイメージしたコーディネート、オススメです。

 

 

  今年は自然素材のリネン、コットン100の他に、少しポリエステルを混ぜてシワを少なくしたシャツにもご注目ください。特に今シーズン登場したシルクコットンカットソー(Vネック)は、そのふわふわした柔らかい質感が心地よく、着心地重視の方にオススメです。ホワイト、ネイビーの2色。すでに在庫僅少となっております。

 

 

 

 

  リバーサイドのイメージ、ストライプ柄も健在。デザイナーズギルドの定番サマーポーチも夏のご旅行のお供に。化粧ポーチはこのほか、セルロースファイバー素材のUASHMAMA、ウォッシュママfog linen work、フォグリネンワークのリネンポーチも人気です。

 

  中之島店でのサマーセール終了後、エルスは、期間限定ショップ@西宮阪急も19日からスタートします。こちらは、「夏のリゾートバッグフェア」と称して、かごバッグで大人気のパリブランド、MUUN、ムーニュカラフルで水に強いセルロースファイバー素材、イタリアのUASHMAMA、ウォッシュママフランスの老舗バッグメーカー、コットン、レザー素材のTampico、タンピコのトートバッグなどが一堂に揃います。阪神間にお住まいの方は是非お立ち寄りくださいませ!

 

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

梅雨の合間の銀磨き

  梅雨の合間、久々にシルバーアクセサリーを綺麗にしてあげることにしました。

ディスプレイをして空気に触れることが長く続くと、どうしてもシルバーは黒くなってしまいます。それが理由で、シルバーを敬遠される方もいらっしゃいますが、専用の溶液があれば簡単にその汚れを落とすことができます。

 

 

  so and so(ソーアンドソー)のシルバージュエリー。スターリングシルバーという素材の魅力を活かした、シンプル、タイムレスなデザイン。小石や野に咲く花など、自然のモチーフにインスピレーションを得て造られたリングやネックレスは、身に付ける人の知性や個性を引き立てます。
 

 

  シルバークリーナーには幾つか種類がありますが、リングやネックレスなど小さいものはこのブルーの溶液が便利です。

ぽちゃんと中に付け、数秒プルプル動かして引き上がるだけ。一瞬にして黒ずみが取れてさっぱりしました。

 

 

 

  一度始めると、興に乗り、アンティークのリキュールカップやカードケースも一緒にお手入れ。こちらは溶剤ケースには入れられない大きさなので、クリープタイプで。

 

 

  磨く前と磨いた後です。表面が綺麗になって、柄や刻印もはっきりと見えるようになりました。このリキュールカップは、ずっと以前に、パリのドゥルオーというオークションで購入したもの。

 

 

  キッチンペーパーでするりと磨くとこんな仕上がり。アンティークシルバーウェアには、ヴェルメイユという金塗装を施すことも多く、その優しい飴色も上品な風合いです。

 

 

  so and soのチューブリング、そしてカイユリングです。シルバー本来の銀色と、ヴェルメイユ加工を施した優しいゴールド。こんな組み合わせでシルバージュエリーを楽しんでいただくのもオススメです。

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

「大人の遠足」ー大阪の片付け隊長とおしゃれ講座@エルス中之島ー

  5月も末、朝からお日様燦々と降り注ぐ朝、エルスには特別な団体のお客様がありました。片付け&着付けのプロ、家事セラピストの遠藤律子さん率いる女性グループ。この日「大人の遠足」と称した課外活動で、午前の部「大人のおしゃれ講座@エルス」が始まりました。

 

 

  生徒さんのお一人がまず選んだアイテム。いかにも初夏にふさわしいカシュクールワンピースですが、白地にストライプと無地のスミクロ、同じ形でも印象が全然違う。どちらにしようか悩みますよね。お洒落にはこの悩む時間がとっても大事。どんなにお洒落な人でも一夜にしてセンスある着こなしが身についた訳ではないんです。色や形、デザインが醸し出す印象を素直に受け止める感性もさることながら、何回も試してみることでようやくたどり着く境地があります。そこまでの道程を歩かずして諦めてしまう女性がいかに多いことか!

 

 

  何にでも合わせやすいグレーのTシャツとはき心地の良さそうなストレートの黒いパンツ。そんなこなれた普段着で「大人の遠足」に臨んだ生徒さんが試したのがこちら。首元を引き立てる小さな襟、肩にちょっこり乗ったフレンチスリーブ、往年のハリウッド女優を感じさせるゆったりしたフレアスカート、腰のリボンがが印象的です。ツバ広の帽子かごバッグ、みんなこれからの楽しい夏を予感させる魅力ある小物たちばかり。そんなドレスを実際に試着しただけで、なんともう立ち姿までがさっきと全然違う。これから花束を持った男性と待ち合わせるかのごとく、うつむいた仕草にまで女性らしいはにかみや、しっとりとした魅力が溢れています。

 

 

 

  もうお一人の生徒さん。ご自身を「小さい人」と称して、「素敵と思うお洋服に背丈が届かない?」というジレンマがおありのようでした。そこで選んだ太縦ストライプ。ボトムに目がいくスタイルを試してみましょう。やや下めについた大きなポケットがアクセントの厚手コットン地のガウチョパンツ。「こんなパンツ、今まで履いたことがない!」とおっしゃりながらも、ポケットに手を入れてニコッとこちらに向かって微笑みかける姿は、すでにバッチリ着こなしてる感が。やっぱり素敵と心ときめくものには魔法があります。ダークネイビーのパナマ帽、ポインテッドトゥのぺたんこサンダル、細ーいゴールドチェーンに極小オーナメント、ヨレーヌ・ジレのサンセットネックレスなど、普段ご自身では手に取ったことがないものばかり。やっぱり色々試して初めてわかる相性の良さ。頭のてっぺんからつま先までコーディネートしてこそ、ご自身だけの個性あるスタイルが完成するんです。

 

 

  そして我らが隊長が真っ先に選んだのは、TAGEのスリーブレスオーバーブラウス。カットソーやタンクの上に重ねるだけでグッとお洒落なコーデが完成。パンツもスカートも鋭角が効いたマニッシュデザインで知られるTAGEですが、「重ねる」ことで生まれるちょっとした遊び心も大切にしています。そう、大人だからこそ、生活でもお洋服でももっと遊び上手にならなくては!お洋服を買う時には時間をかけて色々試着する、これとても大事です。隊長はそのことをエルスでのこれまでのお洋服選びのご経験からよくご存知でした。恥じらいやためらいを捨て、何着も着比べて今日の一品を丹念に選ぶそのお姿は、紛れもなく「お洒落上級者」であることを、その場にいた全員に証明してくださいました。この日隊長は、スリーブレスオーバーブラウスの他、シャリ感のあるタイプライター生地が面白い、アシメトリーブロックブラウスもお買上。大袈裟にならず個性が光るTAGEウェアを本当に素敵に着こなしてくださってます。

 

 

 

 

  さて、こんな楽しい企画に生徒さんを巻き込んだ「大阪の片付け隊長」とは一体どんな人?興味ありますよね。そして家事のセラピストってどんな仕事?着物の着付けと一緒にセットで教えてくださるの?等々。私も毎回ご来店のたびに楽しくお話を伺っているのに、興味はますます深まるばかり。確かにお片づけが苦手な方は結構まわりにいそうですが、それをどうやって教えていらっしゃるんだろう?お話だけで?それとも現場で実技から?ーお片づけの秘技、もっと知りたいですよね。お仕事のパートナー、宮田美穂さんもこの日久々にご来店くださいましたが、すっごく手際の良いエネルギッシュな方。皆さんがそれぞれの試着で忙しい中、しっかりご自身も試着しながらも、生徒さんにアドバイスしたり、パートナー遠藤さんに相槌を打ったり、その流れで今回のおしゃれ講座の貴重なシーンを残すべく、写真をたくさん撮っていらっしゃいました。実は私のピンボケな画像では雰囲気を十分にお伝えできないので、宮田さんのお写真(すぐ上の2枚)もここでお借りしています。

 

 

 

  リフレッシュタイムのお二人。(奥が遠藤さん、前が宮田さん)このお二人、2年ほど前、中之島を散策中、本当に偶然エルスを見つけてくださいました。エネルギッシュな宮田さんと比べると、やや静かな第一印象の遠藤さん。いつも笑顔でいらっしゃるのはもちろんですが、この方の身にまとってるオーラがハンパなく菩薩級。ものを教える仕事をされていると伺った時は、色々な人と接しているうちに、この天性のオーラが内側にとどまり切らず、外へ外へと発光してこんな風になったのかと納得。その後も幾度となくお一人でご来店下さった遠藤さんとしばらくお話ししていると、「癒される」、「疲れが取れる」、「なんとなくほんわかとした気持ちになる」、これはもう家事を超えたメンタルセラピストと言わずしてなんとしましょう。もうお一人の宮田さんのエネルギッシュなオーラ、遠藤さんの癒しのオーラ、このお二人が講師としてタッグを組めば、家庭内のどんなモヤモヤやイライラも、ゴミや不用品と一緒にちゃんちゃん仕分けられて、サクサクまとめられて、ポイされてしまう様子が頭に浮かんで、つい笑ってしまいます。

 

  そんな遠藤さんたちの次回の講座が、なんと今月20日にあるそうです。家事でお悩みの方はもちろん、日々の暮らしになんとなく行き詰まりを感じていらっしゃる方は、遠藤さんの菩薩オーラ、宮田さんのあふれ出るパワーに触れてみるのは是非お勧めです。現在、「残席2」だそうな。どうぞお早めに。

 

 

*講座のお知らせ*

「スッキリ暮らす時間の技術&手帳の活用術」(残席2)

 日時:2017年6月20日(火)13:30〜15:30

 会場:千里ニュータウンプラザ6Fラコルタ会議室(阪急千里線南千里駅下車すぐ)

参加費:¥4000

 講師:家事セラピスト 遠藤律子 宮田美穂 

お申し込み・お問い合わせは→【こちらから】

 

 

  =また、エルスでは、今回のように、グループでのご予約承ります。=

色々な着こなしを試してみたい、トップスだけ、ボトムスだけではなく、トータルのコーディネートのアドバイスが欲しい、などと言ったご要望にどーんとお応えいたします。お友達とお時間を合わせて数時間、楽しいティータイムを兼ねてエルスにいらっしゃいませんか?ご予約はお電話(06-6225-7262)、またはメールでお気軽に。

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

ノースリーブ以上半袖未満ー夏にお勧めのシャツブラウス

  日差しが一気に強まる初夏。薄着になる機会が増えますが、一枚でさらりと涼しげに、尚且つ肌の露出を抑えたトップス、もうお持ちでしょうか?

 

 

  立体的な裁断とシンプルなデザインに特徴のある国内ブランド、スカディー。この夏は微妙に異なる色や形のトップスが豊富に入荷しています。特にオススメなのは、このコクーンシェイプのシャツブラウス。ボタンはおろか、締め付けるものは一切ない、頭からかぶるタイプなのですが、その独特なカッティングで、今時の抜襟、前上がり後ろ下がりのスタイルが自然に決まります。

 

 

 

  色はホワイト、ブラック、ベージュの3色。無地の他、同じ型でストラプ2種類もあり、様々なコーディネートにピッタリ決まること請け合い。私は黒を愛用していますが、朝迷ったらこれ。パンツ、スカートどちらにも合わせやすく、先日の東京出張の際、早朝の飛行機に無事間に合ったのも、実はこのシャツのおかげかも。

 

 

 

 

  全く同じ型、でもストライプならまた違った印象です。ジーンズと合わせて、きっちりカジュアル、あるいはインナーに濃い色のタンクやワンピースの上に羽織って、よりフェミニンなコーディネートもありだと思います。ボタンがないので胸元すっきり。アクセサリーも合わせやすいです。

 

 

 

  こちらは襟元、袖ぐり、腰のラインに、またほんの少しひねりを加え、控えめながらも個性を強調したタイプのシャツたち。

着てみないとその実感がわきにくいですが、首が短い、胸板が薄い、ぽっこりお腹、体型の色々なお悩みをカバーして、格好良く見せてくれる構造です。

 

  

 

 

  また、同じサイズでも、上記の2つの型のように、襟のあるなし、袖の形、タックの入る位置でだいぶ印象が変わります。コクーンシェイプの着丈は71cm、それに対してフレンチスリーブは74cmと若干長め、丈はそれほど変わらないのですが、襟の有無と、タックの入り方で前身頃が短いコクーンシェイプはより軽快な印象です。(一番上のモデル着衣の画像をご参照ください。)フレンチスリーブは前身頃のやや下目にタックがありボリュームを出しているので、細身だけどお腹ぽっこりにお悩み、という方には安心なスタイルです。

 

  どれもシンプルで着心地の良いスタイルばかり、だからこそ選ぶのに迷う、という方はお気軽にメールでご相談ください。表示できてないサイズや色味など丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

BONNE ANNEE 2017!

 

 

2017年の年明けは、好天に恵まれて穏やかな幕開けとなりました。

毎日明るい日差しで朝が始まる幸せ。テラスの陽だまりにうっとりと目を細める猫。

平和そのもののお正月。

 

 

 

 

陽だまりの猫の目は縦に細く、なんだか怒っているようにも見えますが、

怒ってませんよ。いたって平常心。

 

 

 

 

 

昼下がり、中之島をお散歩しました。

市庁舎に住み着いたという黒猫も陽だまりで季節外れの陽気を満喫中。

枯葉の寝床に、誰かが引いてくれたタオルをお布団にピクリともせず爆睡しているのは、

夜の底冷えまでにゆっくりと休もうという野良猫ならではの生きる知恵でしょうか。

 

 

 

 

ショップは4日から早々に営業スタート。

胡蝶蘭のアレンジメントが1月の顔です。

 

 

 

そしてもちろん、初春セール!

秋冬ものが20-40%OFF。一部を除き定番商品もこの時期だけ10%OFFとなります。

 

 

初春セールは1月18日まで。この連休中もずっと朝11時から夜19時半まで営業しています。

すでに1点のみとなった商品も多いので、ぜひお早めにお立ち寄りください。

 

その後、19日からは展示会、買付のためパリに向かいます。

パリの最新情報、買付中のこぼれ話、そしてパリから持ち帰る新しい商品など、

2月にも楽しい話題が続きます!

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

2016年、エルス中之島のクリスマス

JUGEMテーマ:クリスマス

いよいよ冬将軍の到来。夜の寒さが肌を刺す季節です。

クリスマスにはこのピリッとした空気が良く似合います。

 

 

 

ショップはクリスマスの飾りつけがほぼ終わりました。
 

 

 

イタリアから取り寄せたオーナメントが今年の顔。

派手さはありませんが、しっかりとした質感、

このままメッセージカードとしてギフトを飾ることもできます。

 

 

夜の方が外から店の中が浮かんで見えて綺麗かも。

この時期は、閉店した後もショーウインドウ前のLEDライトをつけたままにしておきます。

 

 

赤いポインセチア、ギフトラッピングをしたバッグもショーウインドウに仲間入り。

 

 

エントランス前はお客様が入りやすいように少しスペースを空けました。

 

 

 

陰影のある店内。キャンドルの灯りをより身近に感じます。

 

 

 

エルスのクリスマスイベントは15日から始まります。皆様のご来店をお待ちしております。

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

bonne année 2016 エルスの初セールは1月末まで!

あけましておめでとうございます。2016年が始まりました!
とってもお天気がよくて暖かな元旦は中之島散歩から。
ビル群の谷間に鮮やかな彩りの「秘密の花園」を見つけました。
立ち止まって愛でる人影もないのに、冷えた大地を敷き詰める絨毯のように広がる花と緑たち。
その褒められるためだけに存在するのではない潔さ、力強さに元気をもらいました。



エルス中之島は1月4日から開店。ウィンターセールも同時に開始しています。
(水・日・祝日はお休みです。)
 


ダウンのほかにもこもこのニットバッグ、ムーニュ、すっきりとしたデザインで使いやすいフェルトバッグも10%off。
割引の率は毎週更新していきますが、どれも在庫1−2点しかございませんのでお目当てのものがある方はどうぞお早めに。



パリのTRAITSから、白いお年賀が届きました。素敵な新年を!を意味するフランス語は、ストールが編まれる前の糸が踊っているようにも見えます。
TRAITS PARISのストールもセール対象品です。オユーナのカシミアと同じく、大判ストールは20%offからスタート。
すでに初日からお嫁入りしたものも。
 


根強い人気のオユーナのカシミア製品。昨年は原毛価格の高騰のため、一気に値段が上がってしまい少し手が届かなかくなった感もありましたので、30%offからスタートする商品もございます。
オユーナファンの方は要チェックです!




2016年が皆様にとって、シャンパンの泡のようにわくわくすることが次から次へ起こる、そんな素敵な年となりますように!
ご来店お待ちしております。

 
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

冬到来、ノエルの装い。

深まる秋を十分に楽しんだ後に、雨とともに冬到来。エルス中之島店もノエルに向けてディスプレイを変更しました。

エルス中之島、ノエルディスプレイ

昨年は生のもみの木を入れましたが、今年は変わりに大きな鳥かごをメインに。
鳥かごの中にはパインの枝とキャンドルを。外が暗くなってきた頃にいい感じに温かい光を放ちます。



8月、名古屋での催事の後、ファブリックを張り替えたアンティークソファも戻ってきました。
ピンクベージュから、シックなパープルグレーの装いに変わり、大人な雰囲気です。

エルス中之島、ノエルディスプレイ2

そして冬の主役はやはりカシミア!鮮やかなウルトラマリン、豪華なバロック調のインターシアストールがウィンドウの前面を飾ります。

エルス中之島、ノエルディスプレイ4

ショップの中央にはダイニングテーブル。このテーブルには冬のギフトにふさわしい小物や腕時計、LEDキャンドルなどを集めています。



アンティークスタイルのグラスウェアもカウンターに。
こうして12月とともに冬支度。
毎日すこしずつ変わりゆくディスプレイをお楽しみいただけるよう、スタッフ一同ご来店をお待ちしております・・・。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

Donostia ドノスティアー中之島お薦めレストラン_1

中之島エルスのすぐ側に、ランドマークビルディング、「ダイビル」本館があります。大阪の近代名建築の代表ともされるこのビルは、改築されて後もネオロマネスク様式ののファサード部分が残されて、往年の瀟洒な雰囲気を今によく伝えています。中之島通りに面した地上階は、スパニッシュバル、ワインショップ&フレンチビストロ、ジャーマンカフェ、イタリアンレストランと、まるでヨーロッパの縮図のようなグルメフロアになっています。



ドノスティアフロント


向かって左端にあるドノスティア。スペイン・バスク料理の店ですが、元は奈良県富雄にあった有名店、アコルドゥのシェフが2013年にこの地にOPEN。スペインならではのお料理だけでなく、地元の食材を活かしたスペインと和のフュージョンも楽しめます。



ドノスティア7


スペインの小皿料理、ピンチョス。スライスしたパンの上に海のもの、山のもの、色々な食材をトッピングしたオープンサンドですね。お腹が空いて早く何か、と思う時にはまずこれ。種類はその時々によって変わりますが、フォアグラや海老、ポテトサラダなどは大抵いつも頼めます。



ドノスティア5


小さななお鍋に入れて出される実沢山のスープは、寒い冬に嬉しい一品。ソーゼージやパプリカなど溢れんばかりに入っていてふつふつと湯気をあげている様を見ているだけでも幸せ。口に運べばお肉や野菜の地味溢れるブイヨンが胃から身体をほかほかにしてくれます。



ドノスティア4


お魚料理。タラや鱸などの白身魚に特製のソースで。淡白な魚は牛蒡のスライスとフォームでお化粧されており、くせのないとても上品なお味です。ヨーロッパの魚料理はとかくお塩が効きすぎているのですが、さすがここは日本。塩に頼らずともこんなに美味しく魚がいただけるとは。スペイン・バルというカテゴリには収まらないヌーベル・クイジーンの技、キッチンの秘密はたくさんありそう。



ドノスティア6


お肉料理、葛城産の鴨もこちらの定番です。お肉はあくまでも美しく赤く、素直に噛み切れる柔らかさが必定。ころんとした厚切りですが、絶妙な火加減でミディアムレア。野菜、ソースが熟練のバックダンサーのようにメインのお肉をリズミカルに引き立ててます。



ドノスティア2


しめはお米。アロス・メロッソ。ブイヤベースような魚介のスープで煮込んだいわばおじやですから、日本人の舌にはまず間違いがない。小さいサイズがあるので、前菜としてもしめの一皿としてもいただけます。後でこれが食べたいゆえに、メインを調整することもしばしば。



ドノスティア3


フロントカウンターと、テーブル席が5つ。決して広くはない店内ですが、高い天井とすっきりとまとまったインテリアのせいか、落ち着いてお食事ができる大人のバー・レストラン。毎日変わるデザートに、決して手を抜いていないのも女性にファンが多い理由かも。



ドノスティア

[ バル アサドール ]



営業時間・平日・ランチ / 11:30〜14:00

営業時間・平日・ディナー / 17:30〜23:30

営業時間・休日・ランチ / 12:00〜15:00

営業時間・休日・ディナー / 17:00〜22:30

(第2・第4日曜日15:00まで)

TEL / 06-6136-5500

定休日 / 月曜
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

カシミアセール@エルス中之島店、はじまりました。

一年のはじまりはいつもなんだか清々しい。空気の質まで違うような気がします。

クリスマスをゆっくりと家族で楽しむヨーロッパでは、元旦の翌日からすぐ仕事が当たり前ですが、クリスマスツリーを片付けるのは月半ば、意外に遅かったことを覚えています。



2015年カシミア_1


ショップのディスプレイはクリスマスモードから新年モードに。でもそれもすこしずつ、ゆっくりと、です。華やかで楽しかったパーティーや宴の後に、急に様変わりする空間は寂しいもの。ショップでも、明るい色や温かみのあるアイテムはできるだけ前へ前へと。





2015年カシミア_2


そして今日からセールも始まりました。まだまだ寒さ厳しい1月、カシミアスカーフ、カシミアショールを買い足すなら今です。昨年出た新色は、サンセットオレンジ、ウルトラマリンなど鮮やかで深い色です。ロンドンのカシミアブランド、オユーナは、ベーシックな色だけでなく、これまでカシミア製品にはあまりなかったニュアンスのある複雑な色を毎年デビューさせています。





2015年カシミア_3


もちろん、永遠のベーシック、スタンダードなインディゴやストーンブラウンも健在。初めてのカシミアなら、定番デュエットスカーフ。バイカラーでお洋服に合わせやすく、丸めれば手の平の中で収まるほどのコンパクトサイズ。親しい方へのプレゼントにもお薦めです。





2015年カシミア_4


セーターやカーディガン、アクセサリーとの組み合わせで、自分らしいコーディネーションを楽しめるのもバイカラーの魅力。人にも全く違ったニ面性があるように、たった150X20cmのニットがこんなに表情豊かに見えるのも、コントラストカラーの力ですね。





2015年カシミア_5


スカーフを既にお持ちなら、200X70cmのショールにアップグレード。大判ならではたっぷりとした巻き方を存分に楽しめます。やはりコントラストカラーニ色を使ったデュエットハットを組み合わせれば、頭から首、肩まですっぽりと温かい!これぞカシミアの素材力です。



エルス中之島店でのウィンターセールは本日13日から31日まで。月曜日から土曜日の11:00から19:00まで。但し、20日から31日は、私が海外買付のため不在、二人のスタッフが18:00まで皆様のご来店をお待ちしております。



オンラインショップでのセールは、毎日少しずつアイテムを増やしていきます。そちらも合わせてチェックしてください。お得意様特典、シークレットセールや割引クーポンなど、会員様特典もどうぞお見逃し無く!
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -