ノースリーブ以上半袖未満ー夏にお勧めのシャツブラウス

  日差しが一気に強まる初夏。薄着になる機会が増えますが、一枚でさらりと涼しげに、尚且つ肌の露出を抑えたトップス、もうお持ちでしょうか?

 

 

  立体的な裁断とシンプルなデザインに特徴のある国内ブランド、スカディー。この夏は微妙に異なる色や形のトップスが豊富に入荷しています。特にオススメなのは、このコクーンシェイプのシャツブラウス。ボタンはおろか、締め付けるものは一切ない、頭からかぶるタイプなのですが、その独特なカッティングで、今時の抜襟、前上がり後ろ下がりのスタイルが自然に決まります。

 

 

 

  色はホワイト、ブラック、ベージュの3色。無地の他、同じ型でストラプ2種類もあり、様々なコーディネートにピッタリ決まること請け合い。私は黒を愛用していますが、朝迷ったらこれ。パンツ、スカートどちらにも合わせやすく、先日の東京出張の際、早朝の飛行機に無事間に合ったのも、実はこのシャツのおかげかも。

 

 

 

 

  全く同じ型、でもストライプならまた違った印象です。ジーンズと合わせて、きっちりカジュアル、あるいはインナーに濃い色のタンクやワンピースの上に羽織って、よりフェミニンなコーディネートもありだと思います。ボタンがないので胸元すっきり。アクセサリーも合わせやすいです。

 

 

 

  こちらは襟元、袖ぐり、腰のラインに、またほんの少しひねりを加え、控えめながらも個性を強調したタイプのシャツたち。

着てみないとその実感がわきにくいですが、首が短い、胸板が薄い、ぽっこりお腹、体型の色々なお悩みをカバーして、格好良く見せてくれる構造です。

 

  

 

 

  また、同じサイズでも、上記の2つの型のように、襟のあるなし、袖の形、タックの入る位置でだいぶ印象が変わります。コクーンシェイプの着丈は71cm、それに対してフレンチスリーブは74cmと若干長め、丈はそれほど変わらないのですが、襟の有無と、タックの入り方で前身頃が短いコクーンシェイプはより軽快な印象です。(一番上のモデル着衣の画像をご参照ください。)フレンチスリーブは前身頃のやや下目にタックがありボリュームを出しているので、細身だけどお腹ぽっこりにお悩み、という方には安心なスタイルです。

 

  どれもシンプルで着心地の良いスタイルばかり、だからこそ選ぶのに迷う、という方はお気軽にメールでご相談ください。表示できてないサイズや色味など丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

BONNE ANNEE 2017!

 

 

2017年の年明けは、好天に恵まれて穏やかな幕開けとなりました。

毎日明るい日差しで朝が始まる幸せ。テラスの陽だまりにうっとりと目を細める猫。

平和そのもののお正月。

 

 

 

 

陽だまりの猫の目は縦に細く、なんだか怒っているようにも見えますが、

怒ってませんよ。いたって平常心。

 

 

 

 

 

昼下がり、中之島をお散歩しました。

市庁舎に住み着いたという黒猫も陽だまりで季節外れの陽気を満喫中。

枯葉の寝床に、誰かが引いてくれたタオルをお布団にピクリともせず爆睡しているのは、

夜の底冷えまでにゆっくりと休もうという野良猫ならではの生きる知恵でしょうか。

 

 

 

 

ショップは4日から早々に営業スタート。

胡蝶蘭のアレンジメントが1月の顔です。

 

 

 

そしてもちろん、初春セール!

秋冬ものが20-40%OFF。一部を除き定番商品もこの時期だけ10%OFFとなります。

 

 

初春セールは1月18日まで。この連休中もずっと朝11時から夜19時半まで営業しています。

すでに1点のみとなった商品も多いので、ぜひお早めにお立ち寄りください。

 

その後、19日からは展示会、買付のためパリに向かいます。

パリの最新情報、買付中のこぼれ話、そしてパリから持ち帰る新しい商品など、

2月にも楽しい話題が続きます!

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

2016年、エルス中之島のクリスマス

JUGEMテーマ:クリスマス

いよいよ冬将軍の到来。夜の寒さが肌を刺す季節です。

クリスマスにはこのピリッとした空気が良く似合います。

 

 

 

ショップはクリスマスの飾りつけがほぼ終わりました。
 

 

 

イタリアから取り寄せたオーナメントが今年の顔。

派手さはありませんが、しっかりとした質感、

このままメッセージカードとしてギフトを飾ることもできます。

 

 

夜の方が外から店の中が浮かんで見えて綺麗かも。

この時期は、閉店した後もショーウインドウ前のLEDライトをつけたままにしておきます。

 

 

赤いポインセチア、ギフトラッピングをしたバッグもショーウインドウに仲間入り。

 

 

エントランス前はお客様が入りやすいように少しスペースを空けました。

 

 

 

陰影のある店内。キャンドルの灯りをより身近に感じます。

 

 

 

エルスのクリスマスイベントは15日から始まります。皆様のご来店をお待ちしております。

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

bonne année 2016 エルスの初セールは1月末まで!

あけましておめでとうございます。2016年が始まりました!
とってもお天気がよくて暖かな元旦は中之島散歩から。
ビル群の谷間に鮮やかな彩りの「秘密の花園」を見つけました。
立ち止まって愛でる人影もないのに、冷えた大地を敷き詰める絨毯のように広がる花と緑たち。
その褒められるためだけに存在するのではない潔さ、力強さに元気をもらいました。



エルス中之島は1月4日から開店。ウィンターセールも同時に開始しています。
(水・日・祝日はお休みです。)
 


ダウンのほかにもこもこのニットバッグ、ムーニュ、すっきりとしたデザインで使いやすいフェルトバッグも10%off。
割引の率は毎週更新していきますが、どれも在庫1−2点しかございませんのでお目当てのものがある方はどうぞお早めに。



パリのTRAITSから、白いお年賀が届きました。素敵な新年を!を意味するフランス語は、ストールが編まれる前の糸が踊っているようにも見えます。
TRAITS PARISのストールもセール対象品です。オユーナのカシミアと同じく、大判ストールは20%offからスタート。
すでに初日からお嫁入りしたものも。
 


根強い人気のオユーナのカシミア製品。昨年は原毛価格の高騰のため、一気に値段が上がってしまい少し手が届かなかくなった感もありましたので、30%offからスタートする商品もございます。
オユーナファンの方は要チェックです!




2016年が皆様にとって、シャンパンの泡のようにわくわくすることが次から次へ起こる、そんな素敵な年となりますように!
ご来店お待ちしております。

 
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

冬到来、ノエルの装い。

深まる秋を十分に楽しんだ後に、雨とともに冬到来。エルス中之島店もノエルに向けてディスプレイを変更しました。

エルス中之島、ノエルディスプレイ

昨年は生のもみの木を入れましたが、今年は変わりに大きな鳥かごをメインに。
鳥かごの中にはパインの枝とキャンドルを。外が暗くなってきた頃にいい感じに温かい光を放ちます。



8月、名古屋での催事の後、ファブリックを張り替えたアンティークソファも戻ってきました。
ピンクベージュから、シックなパープルグレーの装いに変わり、大人な雰囲気です。

エルス中之島、ノエルディスプレイ2

そして冬の主役はやはりカシミア!鮮やかなウルトラマリン、豪華なバロック調のインターシアストールがウィンドウの前面を飾ります。

エルス中之島、ノエルディスプレイ4

ショップの中央にはダイニングテーブル。このテーブルには冬のギフトにふさわしい小物や腕時計、LEDキャンドルなどを集めています。



アンティークスタイルのグラスウェアもカウンターに。
こうして12月とともに冬支度。
毎日すこしずつ変わりゆくディスプレイをお楽しみいただけるよう、スタッフ一同ご来店をお待ちしております・・・。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

Donostia ドノスティアー中之島お薦めレストラン_1

中之島エルスのすぐ側に、ランドマークビルディング、「ダイビル」本館があります。大阪の近代名建築の代表ともされるこのビルは、改築されて後もネオロマネスク様式ののファサード部分が残されて、往年の瀟洒な雰囲気を今によく伝えています。中之島通りに面した地上階は、スパニッシュバル、ワインショップ&フレンチビストロ、ジャーマンカフェ、イタリアンレストランと、まるでヨーロッパの縮図のようなグルメフロアになっています。



ドノスティアフロント


向かって左端にあるドノスティア。スペイン・バスク料理の店ですが、元は奈良県富雄にあった有名店、アコルドゥのシェフが2013年にこの地にOPEN。スペインならではのお料理だけでなく、地元の食材を活かしたスペインと和のフュージョンも楽しめます。



ドノスティア7


スペインの小皿料理、ピンチョス。スライスしたパンの上に海のもの、山のもの、色々な食材をトッピングしたオープンサンドですね。お腹が空いて早く何か、と思う時にはまずこれ。種類はその時々によって変わりますが、フォアグラや海老、ポテトサラダなどは大抵いつも頼めます。



ドノスティア5


小さななお鍋に入れて出される実沢山のスープは、寒い冬に嬉しい一品。ソーゼージやパプリカなど溢れんばかりに入っていてふつふつと湯気をあげている様を見ているだけでも幸せ。口に運べばお肉や野菜の地味溢れるブイヨンが胃から身体をほかほかにしてくれます。



ドノスティア4


お魚料理。タラや鱸などの白身魚に特製のソースで。淡白な魚は牛蒡のスライスとフォームでお化粧されており、くせのないとても上品なお味です。ヨーロッパの魚料理はとかくお塩が効きすぎているのですが、さすがここは日本。塩に頼らずともこんなに美味しく魚がいただけるとは。スペイン・バルというカテゴリには収まらないヌーベル・クイジーンの技、キッチンの秘密はたくさんありそう。



ドノスティア6


お肉料理、葛城産の鴨もこちらの定番です。お肉はあくまでも美しく赤く、素直に噛み切れる柔らかさが必定。ころんとした厚切りですが、絶妙な火加減でミディアムレア。野菜、ソースが熟練のバックダンサーのようにメインのお肉をリズミカルに引き立ててます。



ドノスティア2


しめはお米。アロス・メロッソ。ブイヤベースような魚介のスープで煮込んだいわばおじやですから、日本人の舌にはまず間違いがない。小さいサイズがあるので、前菜としてもしめの一皿としてもいただけます。後でこれが食べたいゆえに、メインを調整することもしばしば。



ドノスティア3


フロントカウンターと、テーブル席が5つ。決して広くはない店内ですが、高い天井とすっきりとまとまったインテリアのせいか、落ち着いてお食事ができる大人のバー・レストラン。毎日変わるデザートに、決して手を抜いていないのも女性にファンが多い理由かも。



ドノスティア

[ バル アサドール ]



営業時間・平日・ランチ / 11:30〜14:00

営業時間・平日・ディナー / 17:30〜23:30

営業時間・休日・ランチ / 12:00〜15:00

営業時間・休日・ディナー / 17:00〜22:30

(第2・第4日曜日15:00まで)

TEL / 06-6136-5500

定休日 / 月曜
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

カシミアセール@エルス中之島店、はじまりました。

一年のはじまりはいつもなんだか清々しい。空気の質まで違うような気がします。

クリスマスをゆっくりと家族で楽しむヨーロッパでは、元旦の翌日からすぐ仕事が当たり前ですが、クリスマスツリーを片付けるのは月半ば、意外に遅かったことを覚えています。



2015年カシミア_1


ショップのディスプレイはクリスマスモードから新年モードに。でもそれもすこしずつ、ゆっくりと、です。華やかで楽しかったパーティーや宴の後に、急に様変わりする空間は寂しいもの。ショップでも、明るい色や温かみのあるアイテムはできるだけ前へ前へと。





2015年カシミア_2


そして今日からセールも始まりました。まだまだ寒さ厳しい1月、カシミアスカーフ、カシミアショールを買い足すなら今です。昨年出た新色は、サンセットオレンジ、ウルトラマリンなど鮮やかで深い色です。ロンドンのカシミアブランド、オユーナは、ベーシックな色だけでなく、これまでカシミア製品にはあまりなかったニュアンスのある複雑な色を毎年デビューさせています。





2015年カシミア_3


もちろん、永遠のベーシック、スタンダードなインディゴやストーンブラウンも健在。初めてのカシミアなら、定番デュエットスカーフ。バイカラーでお洋服に合わせやすく、丸めれば手の平の中で収まるほどのコンパクトサイズ。親しい方へのプレゼントにもお薦めです。





2015年カシミア_4


セーターやカーディガン、アクセサリーとの組み合わせで、自分らしいコーディネーションを楽しめるのもバイカラーの魅力。人にも全く違ったニ面性があるように、たった150X20cmのニットがこんなに表情豊かに見えるのも、コントラストカラーの力ですね。





2015年カシミア_5


スカーフを既にお持ちなら、200X70cmのショールにアップグレード。大判ならではたっぷりとした巻き方を存分に楽しめます。やはりコントラストカラーニ色を使ったデュエットハットを組み合わせれば、頭から首、肩まですっぽりと温かい!これぞカシミアの素材力です。



エルス中之島店でのウィンターセールは本日13日から31日まで。月曜日から土曜日の11:00から19:00まで。但し、20日から31日は、私が海外買付のため不在、二人のスタッフが18:00まで皆様のご来店をお待ちしております。



オンラインショップでのセールは、毎日少しずつアイテムを増やしていきます。そちらも合わせてチェックしてください。お得意様特典、シークレットセールや割引クーポンなど、会員様特典もどうぞお見逃し無く!
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

2014 年、エルスのクリスマスのギフトラッピング

ギフトラッピング_1


毎年この時期になるとギフトで悩みますね。これだけモノがあふれていて選択肢が多いとなると、やっぱりちょっと気の利いたオリジナリティーのある贈り物にしたいものです。また贈り方にも、思いをこめて普段よりちょっと凝った趣向が欲しくなりませんか?



ギフトラッピング2


エルスでは、ご要望があれば、リボンの種類やバッグの色が選べる一味違うギフトラッピングサービスを行っています。ギフトラッピング自体は有料ですが、今月はイタリアからリネン素材のリボンや木の実のようなブーケ、ギフトボックスなど珍しいラッピング素材が色々入荷していますので、オリジナリティーにさらに磨きがかかります。



ギフトラッピング4


そして、ティンケースもこの冬イタリアから入荷した新商品。白いティンケースは真ん中に仕切りが入っているので、アクセサリーのセットや、色違いの小物などをまとめるのに便利です。白いケースの蓋に、温かみのあるグリーンリネンのリボンが映えます。



ギフトラッピング_7


白いティンケースは上記の、長方形で底の浅いタイプと、この手の平サイズの正方形タイプがございます。こちらはパールの3粒ネックレスをお買い上げになったお客様のオリジナルラッピング。お客様がお店にあるラッピング素材を選んでお好みに。滑りやすいティンの表面を留めるために、カバリーニのマスキングテープで巻いてあります。



giftwrapping_5


黒いケースは蓋が黒板加工されているので、チョークで色々なメッセージを書くことができます。パーティーに来られたゲストの名前を描いて、名札のように席に置いておくなんて趣向はいかがでしょうか?ヨーロピアンテイストな白いリボンをかけるとウェディングバンケットのセッティングにも使えます。



ギフトラッピング_6


黒板加工したケースは二種類。底の浅い正方形タイプと、底の深い長方形タイプ。中に何を入れるかによって選んでいただけます。どちらもチョークが一本ついてきます。



ちょっと他にはないラッピング素材にギフトケース。ショップに来られたお客様にはどんな方に贈るのかをおききしてイメージにあうよう一緒にお作りしています。またネットショップからのお客様にはメールでのご相談も承ります。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

エルス中之島ースタッフ急募!

しっとりと深まる秋を楽しみたい11月。そんな世のひとの願いとは裏腹に、年賀状の印刷案内などがポストに入ると確実に一年のカウントダウンが始まった!と否応なしに現実に直面。気持ちが焦ります。

エルス中之島にとっても、オープンから3ヶ月過ぎて、初めての繁忙月。まず、9月にパリの展示会で買い付けた商品が届きます。イタリア、フランスの3社から一気にまとめて到着する予定なので、狭い店舗に今ある商品はお片づけ。開梱、検品で丸二日は潰れてしまいそう。その後も、商品仕分け、プライスタグ付けなど、実際に商品が並ぶまでには色々な準備が必要です。



ショップディスプレイ 額縁




・・・という訳で、スタッフ急募。最初は、週2−3日のパートタイムから始めていただきますが、ゆくゆくは店長さんとして店を仕切るぐらいの野心のある方、大歓迎です。詳細はメール、または電話でお問い合わせくださいね。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

ハロウィーンー秋の終わり、そして冬へ

日の入りが早くなりました。特に天気の悪い日はかたんと音を立てて夜の帳が辺りを覆います。昨夜の帰り道、派手なコスチュームに身を包んだ賑やかな行列に遭遇。元はといえばアイルランドの収穫のお祭りだったとされるハロウィーンは、この亜熱帯化しつつある島国でも、クリスマスと同様に市民権を得てきているようです。



ハロウィーンのディスプレイ1


お祭り気分に乗っかって、ゾンビや化け猫のコスチュームプレイをしようとまでは思いませんが、この時期カボチャを飾る習慣は、ヨーロッパにいた頃から毎年続けています。冬時間に変わるととたんに暗い夜が長くなる北ヨーロッパでは、明るい色を飾ることで気鬱をはらう、そんな効果があるからです。カボチャの横には、オレンジ色がチャコールの地に一筋入ったカシミアストールを一緒にディスプレイしています。



ハロウィーンのディスプレイ4


気鬱払いといえば、ハーブやアロマグッズもこれからの季節は必需品。店内ディスプレイに使ったバラの実とユーカリは香りこそしませんが、大きな枝を張ってお店の雰囲気を秋に変えてくれました。香りでは、パリから入荷したサシェが狭い店内を程よく満たしてくれています。アロマキャンドルのインディゴスパイスは成分にフランキンセンスを含んでおり、邪気を追い払う効能があるとされています。お店の中でも空気の浄化に時々火をともします。





ハロウィーンのディスプレイ2


お天気は気分だけでなく、体調にも確実に影響します。お日様の出ているときとそうでないときの寒暖の差が激しいのがこの時期。首筋から忍び寄る寒気対策は万全でしょうか。

カシミアスカーフデュエットは、150 X 20 cmのコンパクトサイズ。ストーンブラウン・トープは栗の色、アイボリー・ベージュはクリームの色。マロンにクリーム、秋の滋味を感じさせる優しい色合いです。



ハロウィーンのディスプレイ3


かぼちゃにマロン、秋の実りを感じさせる色はまだあります。キンモクセイの花やイチョウの葉に宿る黄色もその一つ。光をあてれば黄金に輝くその色は、収穫、実りの色でもあります。ハロウィーンはもともと収穫を祝う伝統行事から、キリスト教の「万聖節」11月1日につながるものとして発達したいわば日本のお盆のようなもの。冬が始まる前の最後の晩に焚き付けた燃えさしを各家が持ち帰り、暗闇に乗じて悪い例が入ってこないようにと魔除けに使ったとも言われています。





ハロウィーンのディスプレイ5


19世紀に入ってから、アイルランド、スコットランドからの移民が大量に入った結果、ハロウィーンはキリスト教から離れた伝統行事として新大陸アメリカに根付くことになります。「Trik or treat?」(ごちそうくれないといたずらしちゃうぞ)とドアの前に発つ子供の集団にキャンディをふるまうことも広く普及し、今日に至ってます。当店でも明日より、ご来店くださったお客様に、風邪予防のど飴をご用意しています。画像は、秋の色を集めた紫陽花のドライフラワー。その色と同じだけカシミアのストールもご来店をお待ちしています。





ハロウィーンのディスプレイ8


灯りが作る陰影で、夏には見えなかった表情がお店のそこかしこにできるようになりました。ライトも秋冬用に変えて暖かい光になりました。お近くに来られた際はぜひ、秋のディスプレイを見に入らしてください。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -