<< ミュゲのある食卓_幸福の再来 | main | 晩春、京都高瀬川で一杯 >>

ファブリックマジック_椅子の張替え編

ヨーロッパのインテリアの世界では生地の果たす役割は大きい、と最近つくづく感じます。カーテンだけでなく、椅子の張り生地もとても重要なカテゴリですが、使うファブリックがその家具の印象をがらりと変えることはしばしば。

椅子の張替え1

伝統的な石榴模様のビロードの生地が少し余っていたのを、皮の張り地が破れて見苦しかったスツールに応用。仕事柄、アンティークの椅子を張り替えることはよくありますが、まったくの現代家具でも、ファブリックとの相性が良ければ見違えるようになります。

椅子の張替え2

選び方の基本は「色」。ミスマッチをあえて楽しむこともありますが、奇抜な色はやはり空間に溶け込むには一捻りも二捻りも必要。その一方、グレイやベージュ、モノトーンな色味は成功することが多いようです。ゴージャスな伝統柄こそ渋めの色味で。というわけで、なんていうことのないメタルのスツールにはシルバーグレイがシックに決まります。

クレオと椅子

椅子の張替え生地は、1mあたり50−350€とメーカーによって価格も色々。
古いけれど愛着のある椅子をファブリック・マジックで生き返らせたいと思われる方はぜひご相談ください。
デコレーターのお仕事 | comments(3) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
どうぞよろしくお願いします。
まさこ | 2014/05/15 19:41
まさこさま、お問い合わせありがとうございます。生地は当店でお取り寄せできますよ。
詳細よろしければご案内させていただきます。
momoneko | 2014/05/15 12:55
はじめまして!
素敵な生地を拝見しました。今バルーンチェアーの張替をしたくて生地を探している所です。写真のような海外の金華山やモケット生地のサンプルを請求できる所はあるでしょうか?
よろしくお願い致します。
まさこ | 2014/05/15 12:31
Comment