<< ロンドン街歩き_ケンジントンガーデンズと新・デザインミュージアム | main | 新しい季節の始まりは突然嵐とともに。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

Summer2018ー酷暑対策は目から手触りからー

  2018年7月、記録的な酷暑、水に囲まれた大阪中ノ島にあっても空気はどっしりと重く、聳え立つ建物や行き交う人の影には太陽のオレンジ色が重なり、体感からも目に映る光景からも尋常ではないこの夏の暑さを感じます。

 

  さて、ショップでは今週連休明けからサマーセールが始まりました。その中からすぐにでも活用できる真夏お役立ちのアイテムをいくつかピックアップしてご紹介いたします。暑さは目から入る色にも結構影響を受けます。エルスでは酷暑対策として涼を誘明るいブルー、ブラック、ホワイト、グレーのモノトーンを色々ご紹介しています!

 

  

  キャミソールタイプのミニベスト、そのまま素肌に着ていただいても良いですが、着慣れたシャツやタンクトップの上に一枚重ねるだけで「夏のきちんとコーデ」が完成。ご旅行や近所にちょこっとお出かけの際にいかがでしょうか。白と黒、どちらも在庫一点のみです。丈短めのプチサイズ(バスト84cm程度)なので小柄な方、肩幅の狭い方にお勧めです。

 

 

 

  どんなに暑くても素肌剥き出しには抵抗ありますよね?屋外での紫外線、屋内での冷房からお肌を守るには、ストール一枚が結構役に立ちます。今年の春夏ストールは綿100%、綿麻混紡のものが多く、汗を吸った後気軽にお洗濯できます。トレパリのロマリン も、綿100%。ざっくりと編んだルース感が特徴の大判ストールなので、パンツや長めのスカートと相性が良く、背の高い方にお勧めです。

 

 

 

  涼やかな色に加えて、さらっとしたテクスチャーを取り込むのも酷暑対策の一つ。トレパリのリッツストールはかなりの大判ですが、シャリ感のある風合いで形を作りやすいのが特徴。広げてみると透け感があり、遠目から見るとまるで水煙をあげる滝のよう。タンクトップやノースリーブワンピースなど、肌見せのファッションの上にふんわりとまとっていただくと素敵です。ホテルなどでのフォーマルディナーにも使えますので、是非夏のバカンスのお供に。エレガンス、マダム力(笑)アップします。

 

 

 

  そして夏の定番、ブルー・ドゥ・コカーニュ。パステルという植物由来の染料を使った鮮やかな青、手染めのリネンシリーズは既にファンの方も多く、店に寄る時に着てくださる方も増えています。画像はゆったりとしたVネックトップ。男性でも着用していただけるユニセックスアイテム。ポケットが外側についたタイプと内側についたタイプの2枚。焼けた肌に素肌に着ていただくと麻の涼しさに癒されます。残念ながら今後の入荷はなく、今ある在庫のみとなります。

 

 

 

 

  アンソニー・ペトの麦わら帽子もセールアイテムです。ブラック&ナチュラルの編み目に特徴のあるこちらのつば広帽子には細いリボンがついて可愛さもプラス。この他、クラシックなパナマ帽も長年愛される定番です。

 

  

 

ぺシュテマルというタオル機能を兼ね備えた綿100%のトルコの伝統的なスカーフやビーチにそのまま持っていける防水性のポーチ、海や水に近い場所にお出かけになる方に特にオススメのアイテムもございます。セールは今週土曜日4/21まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment