<< Summer2018ー酷暑対策は目から手触りからー | main | ウィリアム・モリス壁紙展&ミニツアー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

新しい季節の始まりは突然嵐とともに。

 

 

  月曜日、ここ大阪中之島では、週末から降り続けていた雨がようやく上がり、少し晴れ間が覗きました。

  改めまして、地元大阪、関西地域で台風被害に遭われた皆様、北の大地で地震被害に巻き込まれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  当店も7月の地震では地盤が落ちて裏の戸が半分しか開かなくなったり、ディスプレイの商品が落ちて割れたりするなど、これまで想像もしていなかったようなことをこの夏経験しました。今年1度目の台風では看板が枠から外れ落ち、外灯が浸水により壊れ、2度目の台風では裏の物置が強風で倒れるなど、甚大ではないものの毎回何かしらの余波をうけました。

 

 

 

  幸いにして、周囲の方々のご好意で、看板、外灯、物置と全て雨の前に修理が終わり、この週末は不安を引きずることなく安全に過ごすことができ、力を貸してくださった方々には心より感謝申し上げます。一方、家が倒壊した方々や未だ復興の糸口が見えない地域にお住まいの方々におかれましては、このめまぐるしい天気の移り変わりに心落ち着く間もないことは容易に想像がつきます。いつまた起こるかもしれない自然の脅威に対しては、自身が不運を免れたことを感謝するだけでなく、いつかどなたかのお力になれるよう、防災の心得だけはこの機会に習得しておこうと、ニュースは吟味してよく観ています。

 

 

  そんな心ざわつく毎日が過ぎていく中、気がついてみると、セミはとうの昔に姿を消し、日暮れは毎日少しずつ早くなり、確実に季節は変わっていました。道を歩く人の身なりは季節よりも変化がやや緩やかで、先週までは袖なし、半袖姿の方がまだ確実に多かったように思います。でもきっとこの週末の雨が長袖やジャケットを羽織る方を一気に増やしたことでしょう。都会に住むことで私たちはこと天候変化に少し鈍感になりがちですが、防災は日々着るものや口にするものを注意深く選ぶことからも始まるのではと思います。

 

 

 

  ショップに置かれた小物やアクセサリー、洋服も、秋の気配が色濃くなりつつあります。ラタンや麻素材から、レザーやウールが昨年よりかなり早くに登場しています。しばらくは蒸し暑さと涼しさが頻繁に行きつ戻りつするでしょうから、一度引っ込めた素材もまた組み合わせを工夫しながら活用する機会もあるでしょう。ショーウインドウから行き交う人の服装を参考に、見せるディスプレイの足し算引き算を繰り返しています。

 

 

  そして本日の変更アイテム。ショップ長椅子のディスプレイではバギーパンツはそのまま動かさず、トップの麻素材のノースリーブシャツをウールのタートルネックに、パナマ帽をウールの中折れ帽子に変えました。天候はドラマチックに変化しても、装いは用心深く、パーツを入れ替えることで少しずつ季節感を出していけたらと思います。

 

 

 

エルス中之島店、9月の営業時間はこちらから参照いただけます。

エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment