スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

看板つきました・・・。

7月14日の週のディスプレイ4


お店の顔です。リバーサイドなので水色、名前の下のボーダーは川の流れを表しています。パリのアパルトマンの住所も21 rue de seineで、セーヌ川通りといいます。ヨーロッパでも日本でも、「流れる水」にご縁があるようです。





7月14日の週のディスプレイ1


床のメンテナンスのために家具や什器をどけたついでに、ディスプレイも少し変更しました。お店の定番商品、オユーナのカシミアストールは左、看板の側に。芦屋では大人気だった超薄ショール、ウラ。中之島を闊歩するOLの方々の目にはどう映るでしょうか。





7月14日の週のディスプレイ2


アンティークのワインテーブル、ラタンのスクウェアバスケット、ちょっとレトロなステーショナリー、カバリーニのラッピングペーパーや、フォトフレーム、ベル・エポックスタイル、カートンのギフトボックスもショーウィンドウからご覧いただけます。





7月14日の週のディスプレイ3


カウンター後ろの壁には、看板と同時にブロンズのアイアンハンガーもつきました。今回、カウンターの上の水栓、カウンターの脚、電気スイッチカバー、電気プラグのカバーは、皆お揃いのブロンズカラー。その周りでちょこんと顔を出しているのは、猫のウォールスティッカーです。全部で3匹いますが、どこにいるのかお分かりになりますか?





7月14日の週のディスプレイ5


開店祝いにいただいたお花たちも一週間が過ぎました。その中で自然に乾いてドライフラワーになってくれそうな子たちを選んでガラスのヴァーズに移し替えました。大きなアレンジメントだったときの華やかさとはまた変わって、可憐な風情が愛おしいです。100年も変わらないオブジェの傍らには、一週間でその生を終える花々もあり、この9坪ほどの店内で、これから様々なストーリーを見守ることになりました・・・。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -

エルス中之島店OPENしました。

大型台風が日本列島を直撃するらしいとニュースが流れていた今週水曜日、中之島ではまだ工事が終わらず、気ばかり焦る私とまだプライスのついていない新商品の山が残されていました。



エルス開店1


翌10日木曜日、オープン初日朝、鹿児島県阿久根市に上陸したとされる台風は確実に大阪に向かっているはずでしたが、雨脚はゆるゆるとおさまりはじめ、なんと夕方には晴れ間も見えてきました。画像は、とりあえずの看板代わり、「メッセージボトル」。黒板塗装がしてある黒いボトルにチョークが2本ついています。ギフトにも最適です。





エルス開店2


ご案内も出せていないし、この天気ではどうせ誰も来ないはずと高をくくっていたので、このお日様登場にちょっと慌てました。朝から次々と届いたお祝いのお花にも励まされて、ディスプレイの手直しを。存在感たっぷりのアンティークゴールドフレーム。ロカイユの装飾がゴージャス、いかにもフランス18世紀の雰囲気です。昨年芦屋での催事に合わせて鏡を入れました。黒のメタルフレームとガラスだけのシンプルなコンソールと合わせています。現代のお家で使うには、これぐらいのカジュアルダウンも必要ですね。





エルス開店3


カシミアストール、ウラは昨年登場した人気商品。ふわふわと薄い蜉蝣の羽のようなテクスチャー。2014年の新色、ベージュ・パープルは上品な落ち着いたグラデーションで、お洋服だけでなく、和服にも似合いそう。





エルス開店4


アンティークスタイルのブックケース。素材はオーク。「フランス落とし」と呼ばれる回し金具のついた両開きの戸がついています。本棚として5段の棚がついていて、ディスプレイには十分過ぎるほどの収容力です。





エルス開店5


今回、店舗の「顔」となるモルタルカウンターに取り付けた真鍮の水栓。エイジング塗装をかけてアンティークの風合いを出しています。設計士さんと金物職人さんによるコラボ。私の我が儘を100%叶えていただきました。
エルス in Nakanoshima | comments(0) | -